スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野菜をなるべく長期間保存するには?

野菜を長期保存する方法として、最も簡単なのが、新聞紙にくるんで、冷暗所に置いておくことです。物置、倉庫など、日の当たらないところならOK。夏場は無理ですが、それ以外ならけっこう長く保存できます。一方、野菜の保存方法として、冷蔵庫に入れておくというのが一般的ですが、何でも冷蔵庫に入れていいのかというとそうではありません。じゃがいも、サトイモ、たまねぎなどの根菜類やナス、トマト、ゴーヤなどは夏以外は入れない方がいいですね。それに、ショウガは夏でも冷蔵庫には入れない方がいいでしょう。根菜類は長期保存しやすい野菜ですが、保存するときは、できれば泥がついたまま新聞紙を引いたダンボールなどに入れ、風通しのいい暗い場所に置いてください。ジャガイモは一緒にりんごを入れておくと、りんごが発するエチレンガスが、ジャガイモの芽の発芽を抑えてくれます。また、採れたてのままではなく、ちょっと手を加えると、より長く保存できる野菜もあります。例えば、タマネギは、炒めるか茹でて冷凍すれば、3ヵ月くらいもちます。トマトもへたをとって皮をむき、種と汁を取り除いて冷凍すれば、やはり3ヵ月くらいもちます。ほうれん草や小松菜は、軽く茹で、水気を切って1回に食べる分ずつラップに包んで冷凍するといいですよ。パセリは、水洗いした後、水気を切り、ポリ袋に入れて冷凍。みじん切りにしてもOK。ネギもみじん切りにして、ラップに包んだりタッパーに入れ、冷凍しておくと、うどんやソバの薬味として、いつでも食べられます。他にも、野菜の上手な保存方法はたくさんあるので、いろいろ調べてみるといいでしょう。
スポンサーサイト
リンク集
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。